カテゴリー別アーカイブ: 恐竜

大阪市立自然史博物館

昨日は雨。
どこかへ行きたいという息子と大阪市立自然史博物館へ。

 

この博物館の本館は30数年前からほとんど変わらないように思う。
ほんとうにまるで時間が止まっているような空間だ。

 

少し前までは、この変わらない空間に懐かしさや歴史を感じていたが、
最近では、ただ物足りなさを感じる。

 

私が子供のときと同じものを息子が見ているということに、
特別な想いを抱くが、30年前とは世の中も大きく変わっている。

 

たしかに恐竜がいた1億年以上前という時間基準に置き換えると、
30数年というのもほんの一瞬だと認識できるのだが、30年というものは人間を成長させるのには、
すごく長く大きな時間です。

 

私が子供の頃は、テレビ、図鑑、恐竜のおもちゃ、そして博物館などでしか1億年前を感じることができませんでした。
そういった中で想像や妄想をして、1億年前の世界感を自分の頭の中で映像化して楽しみました。
いまでは、スマートフォンやタブレットを子供の頃から自在に操る時代に、1億年以上前という感覚も大きく変化しているように思う。

 

変わらないものの良さを感じながらも、よりよく伝えるための変化も考えなければならないと思います。

 

情報をいつでもどこでも見れる時代に、化石などの実物の見せ方も更に成長させなくてはならないのでは?と強く感じました。
動かない実物より、躍動感溢れる映像のほうが、分かりやすく感情移入しやすいですからね。

 

だからこそ実物の力強さをもっともっと感じられる工夫が必要だと思いました。

 

以前に博物館の展示構想をブログで書きましたが、あくまでアナログ発想でした。
今回は、前の案にプラスして3Dプロジェクションマッピングと音響を利用するというように構想が膨らみました。

以前のブログ

http://www.gran-design.com/blog/archives/1223

 

IMG_9997

 

IMG_9997-2 (2)

<背景3Dプロジェクションマッピングイメージ>

 

恐竜博物館の設計依頼がくるまで構想をあたため続けますよー。

 

 

 


休暇最終日は神戸大恐竜博へ

今回の年末年始休暇は短かったですが、
それなりにゆっくり家族で過ごすことができました。

最終日は朝からumieにいましたが、たまたまその時目に入った張り紙に誘われて
そのままポートアイランド神戸国際展示場の神戸大恐竜博に行ってきました。

IMG_7362

会場は家族連れで賑わっていました。
子供たちが恐竜のロボットに興味津々でした。

そんな中、嫁さんがあることに気づきました。
家族連れで一番熱中してるのはお父さんということです。
うちは完全にそのとおりですが、世の中のお父さんも子供と一緒にと思いながらも、
自分のほうが楽しんでるんでしょうね。

IMG_7372

恐竜の展示会でいつも感じることは、
ロボット恐竜はすごくて見ごたえも十分ですが、いまいち周りの臨場感にかけるということです。

期間限定の展示なので、会場を大掛かりに仕上げるのは難しいと思います。
入場見込みなどから割り出される予算にも限りがあると思います。
でももう一超えなんとかできないものかと思ってしまいます。

ならば博物館ならと前々からいろいろ考えています。
いつか福井県立恐竜博物館を超える、完全にその時代にタイムスリップできる
博物館の設計ができるといいなと思っています。

恐竜たちは動かなくても、動いている姿が目の前に浮かぶ空間が造ることが
できれば理想です。

ごく一部ですが海と空の展示室案を紹介します。

神戸大恐竜博

個人的な感覚かもしれませんが、海の生物は海中を見下ろしたときに見える姿や、
海中で出会った姿、そして海底から見上げる姿にすごく興奮を覚えます。
それが獰猛な生物ほど、強烈な感覚を受けます。
そして空の生物も自分と同じ目線で飛んでいると新鮮な感覚を受けます。
それらの受ける感覚により、臨場感を与え化石が動いているように感じる空間を考えました。

美術館や博物館で日射を極力取り込まないようにするのは、作品や標本の劣化を防ぐのと
室温を一定に保ちやすくするためです。
そういった意味で博物館は室内で部分的に外を演出しようとしますが、どうしても中途半端になってしまいます。
この案は日射をおもいっきり取り込んでいるので、それらを逸脱していますが、
劣化しない方法もしくは、耐性のあるレプリカの製作など、何か方法を考えたいです。

何の話か分からなくなってきましたが、
こんな感じで、今年もよろしくお願いします。


カテゴリー : 恐竜

投 稿 日 : 2015年1月5日

新説・恐竜の成長

昼から大阪で建物の一年点検に伺いました。
久しぶりに会うお施主さんと和やかな時間を過ごし、
その後、長居公園にある大阪市立自然史博物館へ向かいました。
6/3まで行われている特別展「新説・恐竜の成長」を見るためです。
なんとか閉館の1時間前に滑り込むことができました。
特別展「新説・恐竜の成長」
恐竜に関する研究は日々進展しています。
今まで考えていたことが、発見により全く違った説になることもよくあることです。
違う種と思われていた恐竜が、実はある恐竜の成長過程の姿だったというようなことが分かったり、成長に伴い食性が変化するということも考えられたりしています。
トリケラトプスの襟飾りに穴が空いている恐竜をトロサウルスという違う恐竜として識別してきましたが、穴が空いているものは成長した大人のトリケラトプスであったということが示されました。
特別展「新説・恐竜の成長」
更には、この襟飾りに血液が流れていた痕跡が発見され、興奮状態になると襟飾りが赤く色を変えるということまで言われています。
そして角・襟飾りと口は角質で覆われていたというのが最新のトリケラトプスの姿です。
まるで仮面を被っているようですね。。。
特別展「新説・恐竜の成長」
今回の大目玉はティラノサウルスのは「アニマトロニクス」です。
「アニマトロニク」とは精巧に復元されたロボットのことです。
特別展「新説・恐竜の成長」
この会場に訪れていたお子さんの中には、怖いと言って泣いる子もいました。
子供のように純粋な感覚なら、それは怖いことだろうと思います。
特別展「新説・恐竜の成長」
果たして本当にティラノサウルスは私たちが恐れるほど怖かったのか・・・。
現在の研究では、ティラノサウルスは鈍足(走りが遅い)若しくは走れなかったと言われています。
体重と筋肉量から割り出すとこのような結果になるのです。
これについては以前から考えられてきたことです。
特別展「新説・恐竜の成長」
ではどのように獲物を捕らえていたのか・・・。
ティラノサウルスは非常に優れた嗅球(匂いを感知する脳組織)を持っていたようです。
その能力は40km先の匂いを感知できた可能性があるということです。
走れないということ、歯の形状などからハイエナのようなスカベンジャー(腐肉食動物)であった・・・それが現在の見解です。
本展示の最後のほうに流れていたDVDの中で、ある有名な博士がティラノサウルスについて語っていました。
博士「私が現在思うティラノサウルスは、ずる賢く、醜くく、臭い、という恐竜です。」
・・・。
私が子供のころに思い描いた、絶対的な恐竜の王様がこのような存在になってしまうとは・・・。
時に科学は非情ではありますが、今まで知り得なかったことが分かるとても興味深いものでもあります。
特別展「新説・恐竜の成長」
ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。


カテゴリー : 恐竜

投 稿 日 : 2012年6月3日

コンカベナトール・コルコバトゥス

1億3000万年前のスペインの白亜紀の地層から、背中にコブを持った恐竜のほぼ完全な化石が見つかりました。
その名も「コンカベナトール・コルコバトゥス」
カルカロドントサウルス科の初期の一種です。
声に出して読んでみてください。
とてもカッコイイ名前です。
コンカベナトール・コルコバトゥス1
何故、コブがあるのか[emoji:e-3]
推測でしかありませんが、脂肪を蓄えるため、異性にアピールするため、敵を脅かすため、体温を調節するためなどと言われています。
そして、前肢には羽毛が生えていた痕跡も見つかりました。
少しの距離を滑空することにより、敵を素早く襲うために役立っていたのではないかと言われています。
私はコブと前肢について、複合的に考えてみました。
・・・導き出した答はこれです
[emoji:e-30]
コンカベナトール・コルコバトゥスと私
前肢を羽ばたかせながら、空中で回転して尖ったコブで敵に襲いかかります。
2つ目はこれ。
[emoji:e-30]
コンカベナトール・コルコバトゥス3
強敵から身を守るために、羽ばたいて木の枝にコブを刺してそのまま眠ります。
強く刺しすぎると抜けなくなるので、加減が必要。
考古学者たちも、これらのパターンは考えたはずです。
その上で、「コブに脂肪を蓄えるため」等の結論を出したのだと思います。
ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★


カテゴリー : 恐竜

投 稿 日 : 2010年9月16日