建築的観点で見た「新横浜ラーメン博物館」

朝10時に神奈川県の住宅の1年点検に訪れました。

 

 

現地まで片道約4時間、往復8時間。

 

お施主さん宅での点検は約1時間。

 

手を加えるところはありましたが、快適に住まわれているようで何よりでした。

 

しかし関東まで行って、これだけで帰るのは忍びない。

 

ちょうど昼時、新横浜ラーメン博物館ちょうどいいじゃありませんか。

 

昭和33年の町並みを再現した地下空間に9軒のラーメン屋さんがあります。

 

 

なかなかよくできたエンターテイメント空間。

 

 

懐古主義とまでは言いませんが、古き良き時代に思いを馳せることはしばしばあります。

 

昭和50年代生まれの私にとっては、30年代というのは夢の世界であり、文豪の小説を読んではその世界観を想像し酔いしれるのです。

 

建築に真摯に向き合う人達は、造られた見せかけの虚像を極端に嫌います。

 

私もまさにその一人ですが、単体の建築ではなく集合体で構成されて世界観を演出するなら、それは建築ではなくエンターテイメントとしてとらえられるようになります。

 

いちいち面倒くさいものの見方をすると思われますが、「建築とは」ということを常に考えていると、建物などものの意義を知ろうとしてしまうのです。

 

俗に言う、職業病というやつです。。。

 

その空間に納得がいくと。。。

 

エンターテイメントなら楽しもう!

 

昼からビール飲もう!

 

 

こうなるわけです(笑)

 

今日は、こんな感じで少しだけ横浜を楽しんで、神戸に帰ってきたのでした。

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 食事

投 稿 日 : 2018年4月9日