トリックアート

先日、トリックアートを体感しに行きました。
トリックアートとは、平面の絵を立体に見せたり、浮き出ているように見せたり、ひとつの絵の中にもうひとつの絵があったりなど、視覚効果を施したアートのことです。
それではご紹介しましょう。
まずはこちら!
ショーケースに入っているような、入っていないような、入っているみたいな絵です。
実際現地にて肉眼で見ると平面の絵が2枚直角に組み合わさっているように認識できますが、
写真におさめたものを見ると、ショーケースの中に・・・と聞かされると信じてしまうと思います。
トリックアート4 トリックアート5
そして、額縁から迫り出してくるバベルの塔!!
額縁、雲を含めて全て、平面の絵で描かれたものです。
トリックアート3
私がティラノサウルスの絵の前を通り過ぎた瞬間、襲ってきたので、すかさず口を抑えてバイティングを防いでいるところです。
これも平面的な絵。。。
トリックアート6
そうして、少し休憩していると今度はドゥアムテ神に後頭部を蹴られます。
これも平面的な絵。。。
トリックアート7
今度は無重力。。。
トリックアート8
が飛び出してきて。。。
トリックアート1
巨人に食べられそうになって。。。
トリックアート2
全てまともに付き合うと疲れますが、とても不思議な体験ができます。
子供の頃によくひらパーに連れて行ってもらったのを思い出します。
たしか、斜めになった部屋とか、どこから見てもこっちを見つめている彫刻とか、そんなアトラクションがあったように思います。
大人になって理屈が解っている分、余計な詮索がなく、子供の頃より純粋に楽しめたように思いました。
ひらパー兄さん(ブラックマヨネーズ小杉さん)、ホンマにひらパーは世界一の遊園地になるんでしょうか?
アメリカのディズニーランドよりも上です!!
頑張ってください!応援しています!!
ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。


カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2011年5月3日