カテゴリー別アーカイブ: 日本旅行

夏季休暇

3日間の休みでしたが、家族で海に2回行きました。

 

やっぱり海はいいですね。

 

瀬戸内海の林崎海岸と日本海の竹野浜に行きましたが、どちらも水がキレイで気持ちよかったです。

 

 

IMG_0317

 

子供はエンドレスに遊び続けるので、切り上げるのに一苦労です。
ガタガタ震えても、まだ遊ぶというので困ったものです(笑)

 

最後の締めは久美浜湾沿いの「ベイ・クック」で夕食。

 

IMG_0373

 

流石の満席でした。
続々とお客さんが集まってきます。
すごい集客力だと関心させられました。

 

さぞ凄い人が設計したんだろうと、客席から久美浜湾を望みながら堪能しました(笑)

 

設計させていただいた建物で休日にお客さんがそれぞれに楽しんでいる姿を見ると、嬉しい気持ちになります。
建築が人に利用されて生かされる、それこそ建築の醍醐味です。

 

オーナーはじめ従業員さんの努力があり、生かされる建築となっていることに深く感謝します。

 

さあ、グランデザインも頑張ります!

 

 


カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2016年8月15日

東京出張にて貴重な体験

先日、神奈川で計画中の住宅のお施主さんと東京にて住宅設備ショールーム巡りをしました。

 

2日目は、JR山手線・代々木駅からのスタートで早く着きすぎたため、コーヒー店で時間調整していました。
すると窓ごしにものすごく気になるビルがありました。

 

IMG_0125

 

写真の左端にある古いテナントビルです。

 

駅から徒歩1分くらいの一等地に、機能しているのかどうか怪しい古いビル。
ある時から時間が止まってしまったような、不思議なビル。

 

東京の山手線駅近でこのようなビルが存続していることの、異様、圧倒的異様。
あっアカン、カイジがでてしまいました。。。

 

というわけでちょっと近くで見てみようとコーヒー店を出ました。

 

思ったとおり、心躍る2階への入口。

 

IMG_0126
この何のしつらえもない、木製のフラッシュ建具から、いきなり階段がはじまっている、
2階飲食店街という賑わいとは間逆の演出。
異様!異様!異様!

 

この異様さが、2階への好奇心を最高潮にまで高める。

 

一瞬にして、フラッシュのように2階の飲食店街を想像し、頭の中で映像を創造し、自然に中へ足を踏み入れました。

 

IMG_0127

 

正面の階段の踊り場に期待を未だ裏切らない演出。
この時点で絶対的なものへの憧れに触れたような衝動に心は支配されます。

 

階段を昇り、いざっ!という時に、現実へ引き戻されました。
当然といえば当然、2階の飲食店街への入口は錆付いた大きな鉄の扉で閉鎖され、
まるで朝とは思えないほどの静寂と閉塞感。

 

しかし、安堵の気持ちで満たされました。
それは、自分が入口で感じた、頭の中で見た想像の映像が確定されず、無限のものに変わったからでした。

 

存在するものは目で見て、肌で感じて、想像する間もなく認識するが、
先を想像して尚、認識できないものというのは、極限まで具体的でありながら、可能性に満ち溢れている。

 

先を想像したいと思う衝動や高揚を感じるシチュエーション自体、稀であるし、
又、先を想像して、行動し、認識できるという場合がほとんどであると思うから、
この体験はとても貴重なものだと思う。

 

私の想像した2階飲食店街のスケッチ。

 

IMG_0138

 
いや~久々にワクワクしました。

 

 

 


カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2016年7月13日

2012年初日の出

皆様、明けましておめでとうございます!
滋賀県高島市にある白髭神社に初日の出を拝みに行ってきました。
この白髭神社は近江国最古の神社で、全国の白髭神社の本社です。
琵琶湖畔に浮かぶ鳥居は素晴らしく、近江の厳島とも称されています。
日の出を拝んで、神戸にとんぼ返りという
弾丸参拝でしたが、琵琶湖と鳥居に滲むとても幻想的な初日の出は圧巻でした。
2012年初日の出
2012年初日の出
2012年初日の出
また新しい一年が始まります。
みんなにとっても良い年になりますように。
皆さん今年もよろしくお願いいたします!
あー眠い・・・二時間後にまた外出しないと。。。少し仮眠をとります。。。
ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。


カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2012年1月1日

キャンプ in 山崎

連休にキャンプに行きました。
兵庫県宍粟市山崎町の山頂付近にあるキャンプ場です。
キャンプin山崎
中国自動車道山崎ICから車で50分ほどのところにあります。
最近の気温から山の上はかなり寒いことを覚悟していましたが、晴天で暖かな気候だったので快適に過ごすことができました。
このキャンプ場には以前も来たことがあったので、ベストな区画を2ヵ月前ぐらいから予約していました。
眼下にキャンプ場と対面に山を臨むことができる、奇跡の区画です。
キャンプin山崎
作業や遊びの合間にこの場所に腰をおろして、対面する山々と対話します。
今現状の事柄について、これから先の事柄について、自分のこと、家族のこと、友達のことなど、
頭で考えるでなく、心の中に浮かべていくのです。
考えることをしていないので、答えというものはありませんが、非常にすっきりとして、力が湧いてくる気がします。
今回の楽しみは新調したコールマンの小さなテントです。
大きなテントとは別に、2人で軽くキャンプする場合を想定して購入しました。
キャンプin山崎
狭いっ!思った以上にっ!
ですがテントの中でくつろげないことが、とても気にいりました。
寝る時だけ中というこの淘汰された感じがいいです。
無駄なことをしなければ、キャンプは本当に費用を安く抑えることができます。
ある程度歳を取ることによって、費用を抑えると質の良いキャンプができるという風に思えるようにもなりました。
そして今回も無駄のない質の良いキャンプであったと思います。
キャンプin山崎
しかし、帰りに車のガソリン満タン、ついでにエンジンオイルとオイルエレメントも交換、冷却水を補充、etc・・・。
しめて約20,000円の出費でした。
良いキャンプの日が、良い一日であるとは限りません。
ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★



カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2011年10月11日