カテゴリー別アーカイブ: 日本旅行

NEW WORLD

誰もが知っている「通天閣」。その場所は「新世界」という名称で有名です。

 

私が初めてここを訪れたのは、1990年代で、静かで恐怖や不安さえ感じるような灰色の情景だったのを記憶しています。

 

1990年代の灰色の世界は、10代だった私には重く、気軽にお店に入れるような雰囲気ではありませんでした。

 

通りを歩いていると、ランニングシャツとパッチのおじさんがお酒を飲みながら、じっとこちらを見てくるそんな場所でした。

 

当時は派手な服装を好んで着ていたこともあり、「よそもんが何しに来たんや。」といった視線を浴びたのを覚えています。

 

そんな場所も今では、観光客、若者や家族連れで賑わい活気のある雰囲気に変わっていました。

 

久しぶりに訪れたときは、自分の記憶違いかと疑うほどの変貌ぶりに少し驚きました。

 

そこで興味深くなり、「新世界」の歴史を少し調べてみました。

 

1912年に「新世界」は誕生しました。

 

当時の新世界は、ニューヨークのコニーアイランドのルナパークに似た「ルナパーク」という遊園地がありました。

 

名前、丸パクリやん!

 

そしてその時の「通天閣」は、凱旋門の上にエッフェル塔を載せた斬新な形態だったようです。

 

パクリからのコラボ!!

 

当時を知らない私は、この光景をおかしく思いながらも愛おしく感じました。

 

 

 

<新世界略歴>

 

1912年 「新世界」誕生。「初代通天閣」・「ルナパーク」開業

 

1915年 「天王寺動物園」開園

 

1918年 隣接地に「飛田遊郭」開業

 

1923年 「ルナパーク」閉園

 

1938年 地下鉄御堂筋線「動物公園前駅」開業

 

1943年 第二次世界大戦時に、金属回収令で「初代通天閣」解体

 

1945年 大阪大空襲で「新世界」被災・壊滅

 

1947年 「ジャンジャン横丁」復興

 

1956年 「二代目(現)通天閣」開業

 

1958年 「飛田遊郭」廃業により新世界も歓楽街として衰退

 

1961年 「金ケ崎暴動」により隣接する新世界のイメージ悪化

 

1970年~1990年代 労働者の溜まり場となり、若者はキタやミナミに流れる

 

1990年代~ 昭和の風情を感じさせるレトロな雰囲気が若者たちに最認知され徐々に盛況となる

 

 

 

歴史を調べて改めて1990年代の新世界が衰退していた頃に訪れた経験は、大変貴重なものだと感じました。

 

これらも「新世界」がNEW WORLDとなっていくことを期待し、楽しませてもらおうと思いました。

 

 

 

 


妖怪を見た。。。

ご縁があり、長いあいだ福崎町内でお仕事をさせていただいています。

 

何度もこの土地に訪れているのですが、観光というものはしたことがなく、ふと仕事の合間にどこか行ってみようと思いました。

 

「ガジロウ」という福崎町のゆるキャラ。

 

夜のJR福崎駅でひとりで将棋を指している像があります。

 

初めて暗がりで気づいたときは、ひとりではっとしてしまいました。

 

結構リアルなフォルムで全然ゆるくないのです。

 

もともとかわいらしいカッパのキャラクターがいるのですが、PR力に欠けるということで、このガジロウが誕生したということです。

 

そしてこのイカツさが功を奏して、観光客の人数は増えているということです。

 

そんなガジロウが辻川山公園で見られるという情報を得ました。

 

 

その公園には池があり、そこにガジロウが現れるということでしたが。。。

 

!?池の水位が低いせいか、ほぼ見えて。。。

 

 

こ、これは、醒める。。。

 

アカン、この中途半端な感じが一番辛い。

 

そして、ブクブクブクと水泡で水面が乱れはじめると、ガジロウが子河童と一緒に出てきました。

 

 

 

もう少し池の水位と濁りがほしい!

 

町内ではガジロウについて批判的な声もあるみたいですが、こうやって人が訪れるきっかけになっているのは確かなので、目的としては成功だと思います。

 

民間でやるとガジロウもそんなにインパクトないのかもしれませんが、公的にやるとその効果は絶大ですね。

 

「怖い怖いも好きのうち」というように、まさにそういうことだと思います。

 

 

ガジロウとは、福崎町出身の民族学者「柳田國男さん」の著書「故郷七十年」にでてくる河童をモチーフにしているということです。

 

 


夏季休暇

3日間の休みでしたが、家族で海に2回行きました。

 

やっぱり海はいいですね。

 

瀬戸内海の林崎海岸と日本海の竹野浜に行きましたが、どちらも水がキレイで気持ちよかったです。

 

 

IMG_0317

 

子供はエンドレスに遊び続けるので、切り上げるのに一苦労です。
ガタガタ震えても、まだ遊ぶというので困ったものです(笑)

 

最後の締めは久美浜湾沿いの「ベイ・クック」で夕食。

 

IMG_0373

 

流石の満席でした。
続々とお客さんが集まってきます。
すごい集客力だと関心させられました。

 

さぞ凄い人が設計したんだろうと、客席から久美浜湾を望みながら堪能しました(笑)

 

設計させていただいた建物で休日にお客さんがそれぞれに楽しんでいる姿を見ると、嬉しい気持ちになります。
建築が人に利用されて生かされる、それこそ建築の醍醐味です。

 

オーナーはじめ従業員さんの努力があり、生かされる建築となっていることに深く感謝します。

 

さあ、グランデザインも頑張ります!

 

 


カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2016年8月15日

東京出張にて貴重な体験

先日、神奈川で計画中の住宅のお施主さんと東京にて住宅設備ショールーム巡りをしました。

 

2日目は、JR山手線・代々木駅からのスタートで早く着きすぎたため、コーヒー店で時間調整していました。
すると窓ごしにものすごく気になるビルがありました。

 

IMG_0125

 

写真の左端にある古いテナントビルです。

 

駅から徒歩1分くらいの一等地に、機能しているのかどうか怪しい古いビル。
ある時から時間が止まってしまったような、不思議なビル。

 

東京の山手線駅近でこのようなビルが存続していることの、異様、圧倒的異様。
あっアカン、カイジがでてしまいました。。。

 

というわけでちょっと近くで見てみようとコーヒー店を出ました。

 

思ったとおり、心躍る2階への入口。

 

IMG_0126
この何のしつらえもない、木製のフラッシュ建具から、いきなり階段がはじまっている、
2階飲食店街という賑わいとは間逆の演出。
異様!異様!異様!

 

この異様さが、2階への好奇心を最高潮にまで高める。

 

一瞬にして、フラッシュのように2階の飲食店街を想像し、頭の中で映像を創造し、自然に中へ足を踏み入れました。

 

IMG_0127

 

正面の階段の踊り場に期待を未だ裏切らない演出。
この時点で絶対的なものへの憧れに触れたような衝動に心は支配されます。

 

階段を昇り、いざっ!という時に、現実へ引き戻されました。
当然といえば当然、2階の飲食店街への入口は錆付いた大きな鉄の扉で閉鎖され、
まるで朝とは思えないほどの静寂と閉塞感。

 

しかし、安堵の気持ちで満たされました。
それは、自分が入口で感じた、頭の中で見た想像の映像が確定されず、無限のものに変わったからでした。

 

存在するものは目で見て、肌で感じて、想像する間もなく認識するが、
先を想像して尚、認識できないものというのは、極限まで具体的でありながら、可能性に満ち溢れている。

 

先を想像したいと思う衝動や高揚を感じるシチュエーション自体、稀であるし、
又、先を想像して、行動し、認識できるという場合がほとんどであると思うから、
この体験はとても貴重なものだと思う。

 

私の想像した2階飲食店街のスケッチ。

 

IMG_0138

 
いや~久々にワクワクしました。

 

 

 


カテゴリー : 日本旅行

投 稿 日 : 2016年7月13日