カテゴリー別アーカイブ: pickup

本体サイトに表示されます。

遠距離打ち合わせ

外出が困難な状況なので、事務所に居ながら、遠方のお客さんと打ち合わせをしています。

 

ZOOMなど、便利なアプリがあるお陰で、打合せが可能です。

 

 

10数年前にバルセロナに居たころは、スカイプがとても重宝しました。

 

ZOOMのよいところは、画面共有しながら打ち合わせをできるところでしょうか。

 

図面をお互いに見て確認しながら、話を進めることができます。

 

実際に会って、話をするよりは、煩わしい部分もありますが、うまく活用すれば問題ないレベルかと思います。

 

ただ、スマートフォンなどのモバイルの画面サイズでは、図面を画面共有をしたとしても、小さすぎるので、それなりのモニターサイズが必要です。

 

電話と違い顔を見れるのはいいことですが、やはり臨場感に欠けます。

 

でも、いずれこのような打ち合わせが平常化するのだろうと、現実的に感じることができました。

 

この不自由な状況で、今まで普段活用されなかったことが、日常化へと加速するでしょう。

 

SNSも5Gとともに、動画の可能性が広がるでしょうし、ビジネスに関する時間の使い方も、一気に合理化へと向かうと思います。

 

ただ、意思や気持ちのない合理化だけは、避けたいと考えています。

 

結局は、人と人です。

 

その部分を大切に、利用し得るものは活用していかなければと思う昨今でした。

 

といいながらも、活用できているかといえば、微妙ですね。

 

ZOOMで話をしながら、相手に伝えるために、ポインタではなく画面を指さしてましたし。。。笑

 

 

数週間前に、あるバーテンダーさんと、画面越しに一緒に飲みました。

 

 

画面に映る風景は、いつものバーで、あたかもその場所で飲んでいるような感覚にもなります。

 

でも、これで十分とは、当然なりません。

 

その場の空気、周囲の人の気配、匂い、振動、温度、あげればきりがないほど、多くのものをその場で感じ、その場でしかない時間を過ごすことに価値があるからです。

 

空間までを操ることはできないので、限界というものを感覚的に知りました。

 

早く、飲みにいきたい!

 

バーという場所においては、ある種欲求を掻き立てられる究極の誘惑でしかなかったのです。

 

何事も、適材適所、臨機応変ということですね。

 

 

 

 


保育園の照明計画

保育園の竣工写真撮影を行いました。

 

神戸の高台に建つこの建築は、神戸の風景を楽しみながら、爽やかな風を感じながら、一日を過ごすことができる場所です。

 

道路から保育園の建屋に辿り着くまでに、8m弱の高低差を、エレベーターと空中歩廊で解消しています。

 

暗くなってくると、そのアプローチにポツポツと灯る照明が、暖かく迎えてくれます。

 

 

保育園に限らず、照明計画によって建築の様相は、大きく変わります。

そして、そこにいる人たちの感覚も大きく変わります。

 

住宅の照明計画をするときは、お施主さんに明るさの感覚を確認します。

全体的には、落ち着いた灯りで、必要な場所のみ明るくというように、なんでもかんでも明るくするということはしません。

何も考えず、全体的に明るく計画されているお家を見ると、ここ事務所!?って思うことがあります。

 

明るさの意味を表現しないと、その違いを感じることはありません。

その違いを感じることができなければ、その違いについて考えることもしないでしょう。

 

照明とは、明るさではなく、被写体の見え方と考えた方が計画しやすいように思います。

 

保育園の場合、保育室の至る所でお絵かきしたり、絵本を読んだりしますから、全体的に明るくしておく必要があります。

特に空間がつながっている建築内の構成だと、全体的に同じ程度の明るさにしておかないと、十分照度を確保している場所でも周りより照度が低いと、相対的に暗く感じでしまいます。

 

そして、今回のこの保育園のように、全体がつながっている空間の場合、一番明るくすべき場所に合わせて、全体の明るさを統一するのです。

 

 

あとは保育園という特性から、色温度3500Kの照明を使用しています。

 

落ち着いた雰囲気の時は、2700Kで電球色のものを使用しますが、それよりも色温度が高く、ほんのり温かみを感じる程度の色温度として、さっぱりとした明るさとしています。

 

このように、状況に合わせて、表現したいものによって、適切な照明を考えて計画することが、建築の意義を完結させるための、要であるでしょう。

 

高い天井部分の照度の減衰具合に、少々ビビッてましたが、自分を信じて押し通して成功でした。

 

これからも、光への感覚を高めて、建築を深めていこうと思います。

 

皆さま、くれぐれもただ明るくというだけで、照明を決定しませんよう、光を楽しんでください。

 

 

 


現場巡り

朝から工事途中の新築住宅の現場で、状態を確認させていただきました。

 

4世帯が住まうという稀な住宅であります。

 

1階には皆が集うことのできる食卓があります。

 

そこには、2階まで貫く吹き抜けがあり、そこに降り注ぐ光が、なんとも心地よく、昇天するようでした。笑

 

 

つづいて車を走らせて、リノベーションの建物調査。

 

既存の構造を調べるために、屋根裏に上がり、梁を1本1本サイズと組み方を測りながら、その場で簡易な図面を描きます。

 

 

梁の上を歩いて移動するのですが、一歩踏み外すと天井を突き破ってしまうので、慎重に慎重に移動しながら測って描いて、心が折れそうになります。笑

 

そして、次は店舗工事の現場へ。

 

内装が仕上がってきて、概ね全貌が分かるようになってきました。

 

一際目を引くコンクリートのカウンターが、とても可愛らしく、仕上がりが楽しみです。

 

 

最後は、OB客さん宅へ行き、少しだけ作業と雑談をして一日が終わりました。

 

全て違う様相の建築ですが、日々いろんな建築を味わえてとても幸せです。

 

工務店さん、職人さんも、たいへんですが本当に感謝です。

 

何年も建築に携わっていると、慣れて新鮮さがなくなるのは、人間なので仕方がないことですが、新鮮さがなくなっても尚、現場で嬉しい気持ちになるのは、とてもとても有難いことです。

 

新鮮さはなくなれど、嬉しさが持続する限り、新しいものを生み出す活力となります。

 

建築と出会えてよかったと、改めて思った一日でありました。

 

 

 

 


ハンセムとオムドム

先日、お施主さんとキッチンのショールームで打ち合わせでした。

 

今回のプランでは、キッチンとダイニングテーブルが一体となった提案でしたので、キッチンを製作する必要があります。

 

セミオーダーキッチンとして、韓国のメーカーである「ハンセム」の大阪ショールームを訪ねました。

 

セミオーダーといえど、かなり自由度の高いキッチンプランができて、営業の方もとても親切で熱心です。

 

 

その熱心さの度合いは、仕事を超えて、プライベートまで至るようです。

 

私が、テキーラ愛好家だと知り、わざわざ神戸のテキーラバーに飲みに行っていたようです。

 

私の場合は普段から、営業とかそういう意識はありませんし、お客さんを知るために、勧められた映画やお店などは、極力行くようにしています。

 

相手の趣味趣向を知って建築に活かせる、この上ない近道であるからです。

 

そのような感覚を、「ハンセム」の営業さんにも受けました。

 

最近は、メールでの営業や、電話営業が多いです。

 

中にはアポなし訪問で、御社はどのようなお仕事をされていますか?という驚きの営業など、凄まじいものも稀にあります。笑

 

お客さんのお家の設計ですから、テキーラを飲みに行ったからと行って、そしたらここで決定というわけではありませんが、その行動に一縷の信用はあります。

 

我々は、お客さんのために、そして自分たちの建築哲学のために、建築を行います。

 

そして、建築は建てたら終わりではありません。

 

その建築がお客さんと共に生き続ける間、我々も共にいなければなりません。

 

だから、信用できる人たちと、建築をすることは、私にとってとても重要なことなのです。

 

打ち合わせの終わりに、営業さんに近くでランチできるところを教えてもらいました。

 

ロースカツオムドムという、何やら面白そうなメニューのあるお店を勧めてくれました。

 

もちろん、立ち寄り注文すると、オムライスにロースカツがのった料理でした。

 

 

オムドムの意味が理解できません。

 

店員さんに聞くと、オムライスとドミグラスソースで「オムドム」と教えてくれました。

 

いやっ、それやったら、オムドミなんちゃうん?

 

と、心で呟きましたが、店員さんも忙しいでしょうから、オムドム。。。という名前で飲み込みました。笑

 

未だに「ム」が納得いきません。

 

きっと「ハンセム」さんが解明してくれるでしょう。笑