日別アーカイブ: 2019年3月29日

~風とか~調という言葉

建築の要素を表現するときに、~風とか、~調という言葉が使われることがあります。

 

例えば、和風とか、木目調とか。

 

looks like のように、便利な言葉です。

 

建築について、これらの言葉を、私は、極力使わないようにしています。

 

風とか調を使ったら、もうそれは偽者を軽く容認している訳です。

 

建築に携わっているからこそ、こういったことに過剰に反応するのですが、しかしこれはとても大切なことだと思います。

 

だから、和風ではなく日本家屋や町屋などの言葉を使いますし、木目調ではなく、本物の木を使用します。

 

お客さんがこれらの言葉を使われるのは、全く何も思わないですし、自分が理想としているものを伝えるときには、必要な言葉であると理解しています。

 

ですが、建築関係者が使うのは、問題ありかなと考えます。

 

ましてや、景観を重んじる地域の審査で、お役所さんに、このような表現をされると、えっ、そんなんでいいの?大丈夫?と疑問を抱いてしまいます。

 

こういった意識をきちんと持っておかないと、本当にいいものは造れません。

 

町並みとなれば、なおさらです。

 

強く意識していれば、言葉に表れないものです。

 

久々に、おいっ!と思った今日この頃です。笑