IMG_1628

舐めまくりの部屋

舐める光。。。建築業界ではこういった言葉を使うことがあります。

 

光に向かって舌を出してペロペロ舐めるということです。

 

嘘です。

 

光が天井や壁面を舐めるように広がるという意味として使います。

 

今日、無事に完了検査を終えた住宅の洋室で見事に舐めてました。

 

IMG_1628

 

天井の勾配と窓との高かさが絶妙なときに、窓からの光が天井を舐めます。

 

この写真の窓は北面の窓です。

 

北面だけど、ここまで舐めます。

 

窓からの光が上方向へ広がるというのは、通常考えないことですが、直射日光が差し込まない拡散光のときに顕著にこの現象が起こります。

 

もうひとつの写真は吹抜に面した南面の開口です。

 

IMG_1620

 

こちらもやさしく天井を舐めています。

 

吹抜を介してなければ、直射日光が強すぎて拡散光の広がりが分かりにくいので、こんな分かりやすくはなりません。

 

このお部屋は南から北から舐めまくりの部屋です。

 

ペロペロペロペロ舐めまくりの部屋です。

 

このやさしい光の中、豊かに過ごしていただければと思います。

 

工務店さんのキレイな仕事のおかげで、キレイに舐めることができました。

 

感謝感謝です。