IMG_1676-2

赤ペン先生に乾杯

小学校のときに一瞬だけ進研ゼミで、赤ペン先生とやりとりしたことがあります。
問題を解いた答案を送ると、赤ペン先生が採点してコメントをくれたり、アドバイスをくれたりします。

 

勉強についての相談欄があり、甘酸っぱい恋愛について相談したところ、きちんと返事をくれたのを覚えています。

 

図面を赤ペンしながらそんなことを思い出します。

 

IMG_1676-2

 

ここはこうしたほうがとか、いろんな角度からみてこれアカンやんとか考えながら、描いては消してを繰り返します。

 

最近はフリクションボールペンがあるので、赤でも描き直すことができるので便利ですね。

 

ただ熱で消えるので、長い間記録を残しておくのには適しません。冷蔵庫に入れれば復活するらしいですが。。。

 

大きな建築になれば、考える部分はおのずと増えます。

 

想像で建物の中を歩くのも広いと疲れます(笑)

 

ただこうやって考えてよい建築に近づいていくのを感じると、楽しさがあり報われます。

 

赤ペンを多様すると目が疲れるのか、左目の涙が止まりません。

 

今日はもう遅いので、ビールを開けて一息。

 

目の回復を待ちます。

 

赤ペン先生もこんな感じでお返事くれてたんですかね?

 

今ならその気持ちが少しは分かる気がします(笑)

 

ラジオからはジャズが流れ、そんなまったりとした夜。

 

赤ペン先生ありがとう。