カテゴリー別アーカイブ: スペイン建築

引き算の住居

住宅のプランしている時に、「住宅とは?」ということを自分自身に問いかけます。

日本最古の住宅と言われるいる竪穴住居にまで遡って考える必要はないのかもしれませんが、
私はこの竪穴住居というものにとても魅力を感じます。

何故かというと、住宅として不必要なものが見当たらない。
そして建築として地中をも空間の一部として利用しているということです。
土地に小屋組だけが建っているような外観ですが、
地面に50cmほどの穴を掘ることによって、内部空間の高さを確保しています。

当然外の地面より室内の床が下がりますから、雨仕舞いが悪いという問題はあります。
そしてそれを改善するように、屋根を持ち上げるような構造に進化していきます。

我々はその進化の過程を経験したわけではなので、
柱や梁に支えられ、窓があり電気や水道がありという住宅が当たり前なのですが、
それでもそれに囚われすぎるのもどうかと考えてしまいます。

スペイン滞在中に、訪れた集落を思い出します。
グラナダの東60kmくらいのところにグァディクスという場所があります。
そこにジプシーの洞窟住居が軒(?)を連ねています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洞窟いわゆる横穴住居です。
小高い丘に白い煙突がニョキニョキと生えています。
家族で1ヶ月ほど土を掘ると4m四方(9.5帖)ほどの部屋ができるそうです。
そして漆喰で塗り固めます。
子供が生まれたら部屋を掘るといったイメージでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

必要なときに必要なだけ空間を造りだすので、無駄なものはできようがありません。

日本やその他多くの国の住宅が何もないところに材料を持ってきて建てる、
いわば足し算の住宅であれば、この洞窟住居は引き算の住居ということです。

無駄なものという共通の概念はありませんが、必要なもののみで構築されたと思われる空間はとても居心地がいいです。
この洞窟住居もなんともいえない居心地の良さでした。

プランをしながらこういうことを考えていると、全く手が進みませんが、
「住宅とは?」ということを意識しながら考えることは大切なことだと思います。

そうそう洞窟住居の集落を歩いている時に、自転車に乗った若者に声を掛けられました。
彼の腕に入った「塔」という漢字のタトゥーを指さして、
スペイン語で何ていう意味なの?と訊いてきました。
「torre」と幸いにも知っていたスペイン語で答えてあげると、その若者は喜んで自転車で走り去っていきました。

意味を知らずにタトゥーを入れるのも凄いなと思いましたが、
それより気になったのが、「塔」という文字。
洞窟住居に住みながら「塔」という文字を入れている。。。
なんともユーモアのある彫士さんだったんでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ガウディ建築に対する感覚・ものづくりに対する感覚

少しだけ仕事が落ち着いたので、机の傍らにある雑誌をゆっくりと眺めました。
「Casa BRUTUS 井上雄彦とガウディ巡礼」

DSCN7244のコピー

ページをめくりながら、懐かしさとともに心が落ち着きます。
カタルーニャの匂いを、そして地中海からの暖かな風を感じるようです。

本文の中に、井上さんのガウディ建築に対する画家としての心情が綴られています。

「3年前に訪れた当時は、ディテールにばかり目がいっていたんです。造形の凄さとか、そのソースや意図とか。。。」

私もバルセロナに訪れた最初は同じような感じでした。
ディテールを見たり、造形について考えたり。
そうしながら数ヶ月の間、サグラダ・ファミリアの前を通り過ぎたり、中に入ったりしていました。
あるときその感覚、見る対象が変わったのを覚えています。

昼下がりに公園のベンチに座って、ボーっと聖堂を眺めていました。
そうすると、当然のようにそれを取り巻く大勢の人も視界に入ります。

毎日毎日何人の人がここを訪れているかな?
それだけの人を惹きつけるエネルギーとはとてつもないな。
そう思ったときから、ガウディの建築を観るのではなく、感じるようになりました。

井上さんも今回のバルセロナ滞在でガウディ建築に対する感覚が変わったと書かれています。
「これだけの人を呼ぶ力ってなんだろうとか、彼らは一体何を見に来ているんだろうとか、・・・」と。

建築をそういう見方で見るようになると、ほんとに多くのものが自分の中に飛び込んできます。
バルセロナの限らず、いろんな国の建築を見ましたが、特にガウディは別格でした。
落ち着いて、写真を眺めると形ではないものが沸いてきます。

それがものを造るものとしてとても大切なものなんだと井上雄彦さんが、
同じように感じられたことによって明確になりました。

井上雄彦さんに比べると私の感覚など陳腐なものですが、
偉大な画家と少しでも同じ感覚を得られたことは、自分にとってとても貴重な体験でした。

数ヶ月前から、日本スペイン400周年として「ガウディx井上雄彦の特別展」が開催されています。
東京から始まり、今は金沢で開催されています。
その後、長崎、神戸、仙台を巡回予定です。

神戸開催のときには行く予定です。


ガウディのしかけ絵本

そうそう、先日購入したガウディのしかけ絵本の紹介を忘れていました。

これは、嫁さんがこんなんあるでと教えてくれた本です。
それを見た瞬間、
「お願い!買って~~~」とおねだりして買ってもらった本です。

ガウディの代表建築が本をめくる度に飛び出してきます。
サグラダ・ファミリアも未完成の状態で飛び出してきます。

そして、各ページごとに、ガウディのコメントが綴られています。

「しかし人間は創造するのではない。発見するのだ。」

なんともガウディらしい慎ましやかなコメント。

ガウディの建築や考え方をある程度知った上で読むと楽しいかも。
実物はこの本の何倍もすごいから、あくまでポップアップということで。

アカンアカン仕事しよ。

ガウディのしかけ絵本
<カサ・ミラの屋上>


サグラダ・ファミリア崩壊!?

あっという間にゴールデンウィークですね。
休んでいる間がないほど忙しいのですが。。。

忙しい合間にひとつの楽しみとして、
月曜日にキン肉マンの連載を読んでいます。
読むといっても、週間プレイボーイのwebコミックとして、毎週無料で楽しんでいます。

キン肉マンは、私の幼少期に代表となる漫画でした。
幼稚園のときに始まり、小学生の途中で完結しました。

そして、数年前にはキン肉マンの息子が主役となった、キン肉マンⅡ世が連載され、
これも完結しています。

去年、コンビニでふらっと本のコーナーに目をやると、「キン肉マン38巻」が置いてました。
昔の背表紙のテイストそのままだったので、懐かしいなぁ~と思っていましたが、
なんで、今頃元祖キン肉マンのコミックがコンビニに並んでいるんだろうと不思議に思い、
少し考えていると、元祖キン肉マンは確か36巻で完結して、その後に特別編で37巻が出ていたのを思い出しました。

38巻!?

本の真ん中を帯状に封がされているので、本の角をちびちびメクリながら内容を確認しました。
なんか見たことのない内容。。。

気になったので、とりあえず買ってみました。

そしたら、元祖キン肉マン37巻の続きでした。
約25年ぶりに続編が出るとは。。。渋いことするな~。
それから、毎週無料WEBコミックで読むようになったわけです。

しかし!今日!!
キン肉マン第91話にて、スペインのサグラダ・ファミリアがサイコマンという超人に破壊されているではありませんか!
塔が4本折れてしまいました。。。

サイコマン(壊した超人)曰く、サグラダ・ファミリアが建設されている土地には、何か重要なものが埋まっているということでした。
だから、そこを荒らされないように、ガウディに啓示を与えて、永遠に完成しない教会を建てさせたというのです。

そこで誰よりも怒りをあらわにした超人がいました。
バファローマンです。
バッファローマンはスペイン出身の超人です。
サグラダ・ファミリアが崩壊するのを見て、
「きさまぁーっ、我がスペインの誇りになんていうことを!」
と叫びます。

サグラダ・ファミリア崩壊!?
<バッファローマン 叫んでいる姿 模写>

この設定には、ガウディ建築を愛する私も愕然としました。
ゆでたまご先生(作者)は最終的にサグラダ・ファミリアを元の姿に戻すつもりでしょうか?

そうでなければ、私の考えた超人が黙っていません!

建築を愛するオカメマン
(マンというのはおかしいかもしれませんが。。。)

サグラダ・ファミリア崩壊!?
<建築を愛するオカメマン>

かなり強いです!
このやさしい顔に騙されて、やられます!
ゆでたまご先生ピンチ!

サグラダ・ファミリア崩壊!?
<2年前に訪れた時の写真。今はもっと工事進んでるだろうな~。>