カテゴリー別アーカイブ: 新築物件

自然光のありかた

今日は、大阪で打ち合わせ、そして京都で打ち合わせ。

 

同じ関西といえど、移動に時間がかかる。

 

JR大阪駅まで、JR京都駅までなら、たいして時間はかからないのですが、それぞれ目的地まで市内の移動と打ち合わせを含めると帰ってくるまで丸一日かかるわけです。

 

どこでもドア、若しくは瞬間移動ができれば、現代的に合理的に考えると、スカイプのような遠隔モニター打ち合わせが優れているということになるのですが、建築に関してはそういうわけにはいかないのです。

 

人と人が対話する上で、会わないとニュアンスや感情が伝わりにくい、そういう部分は当然あるでしょう。

 

それ以上に大切なことが、建築というものに内包されたとき、その近い空間で外観視するというときの感覚というものが、とても大切であり、それを自分の中に取り込むということが重要であるからです。

 

だから建築に携わっている以上、移動も達成するための一部であるといえるでしょう。

 

京都の現場は工事序盤で、雨仕舞いが完全ではないので、要所をブルーシートで覆っています。

 

この建築は、冬の日射熱を有効に建物内に獲得するために、建物形状に工夫を凝らしています。

 

 

これは温熱環境的に優位になるような考えですが、私にとっては温熱という物理的理論よりも、南北に奥行きのある敷地で、北側奥の生活空間に自然光が気持ちよく届くということ、暗い空間に映える光の美しさというものの可能性に大いに感情が高揚するのです。

 

この建物では、居る場所によって自然光の感じ方が異なり、それぞれの光の楽しみ方ができるようにしています。

 

まだ多くが覆われていて完全ではありませんが、その片鱗を現場で感じることができたのも、実際に現場に訪れてこそのものなのです。

 

この敷地での、温熱+自然光のありかたの両立を実現する予定です。

 

工事が進むことが楽しみであります。

 

 

 

 


京都市にて「照ラスハウス」上棟

昨年から京都で計画・設計してました「照ラスハウス」の棟が上がりました。

 

 

4層スキップフロアの中央にテラスが配置された、各室への日射を考えた住宅です。

 

京都市内の土地は昔のなごりで、間口が狭く、奥行きが長い所が多いです。

 

必然的に奥行きの長い建物になるのですが、町屋の場合、暗くどんよりとする奥側に坪庭があり、採光と風が抜けるよう工夫されています。

 

現在でいうコートハウス(中庭を配した住宅)に近いです。

 

今回設計した「照ラスハウス」の形状は、コートハウスの概念に近く、名称に隠喩するテラスハウスの概念とは異なります。

 

一般的にテラスハウスとは、間仕切壁を共有した連続する戸建て住宅のことをいいます。

 

昔でいう長屋ですね。

 

この土地に建っていた建物も、隣とくっついていました。

 

元は長屋、現在でいうテラスハウスの形状であったことから、本プランの要である日射(照ラス)と掛け合わせて銘々したわけです。

 

番組のテラスハウスと掛け合わせたわけではありません。

 

スキップフロアで構造部材も多く、大工さんたちも大変だったと思いますが、無事に上棟できてよかったです。

 

工事関係者の皆様おつかれさまでした。

 

そして、お施主様おめでとうございます。

 

 

 


大黒柱というもの

工事終盤の「福咲きの家」。

 

その大黒柱の塗装をしてきました。

 

最近の住宅では、大黒柱がほぼなくなりました。

 

大黒柱とは、日本民家の中央にある、他よりも太い柱で、その建築の多くを負担する象徴的なものでした。

 

お城などの大規模木造建築では、心柱と言います。

 

一家の大黒柱というのも、全てを支えているという意味から、人間に置き換えた言葉です。

 

この福咲きの家は、100年以上建っていた藁葺き古民家を解体し、その部材を再利用しながら新築した住宅です。

 

残念ながら旧家の大黒柱は、永い年月の間に劣化が著しく、再利用できなかったので、新調することになりました。

 

旧家に違わず、新しい大黒柱も、デザイン的にではなく、このお家の多くの重量を担う大切な構造の主要柱として組み込みました。

 

そして今回、このお家がこれから永く存続するように、大黒柱に思いを込めて塗装を施しました。

 

お施主様ご一族の支えとなるように、この大黒柱が見守ってくれるでしょう。

 

 

 


傾斜地に建つ家 気密測定

傾斜地に建つ家の気密測定を行いました。

 

気密測定とは、室内外の気圧差が9.8paのとき、内部の空気が外部へどの程度流れ出すか測定して隙間面積を算出し、それを床面積で割って、C値(相当隙間面積)を求めます。

 

C値は数値が小さくなるほど、高気密な状態となります。

 

C値=2.0で高気密住宅と言われます。

 

床面積1㎡あたり、2cm2の隙間がある状態です。

 

まあまあ隙間があるように感じますよね。

 

今回のお家で測定した結果は、C値=0.3でした。

 

いつも1.0以下を必須としていますが、あっさりと0.3という数値がでたのも、大工さんのきめ細やかな仕事のおかげです。

 

気密性というのは、室内の冷暖房負荷に影響するだけでなく、計画換気にも影響を及ぼします。

 

適切な換気ルートを計画していても、予期せぬところから空気が漏れると換気のルートが定まりません。

 

気密性が高いと、給気口から新鮮空気が流入し、計画通りのルートで室内空気が排気口から排出されます。

 

きれいに室内の空気が換気できるということです。

 

高気密になるほど、給気をしっかりしないと、室内が負圧となって、排気能力を発揮できない状態になるので、排気だけではなく給気もしっかり確保する必要があります。

 

建築には、第1種換気、第2種換気、第3種換気と大きく3種類の換気方法があります。

 

更に換気時に室内外の空気を熱交換する換気方法もあり、最適な方法を選定することが重要です。

 

今日は少しまじめに書きました。

 

最後は現場での記念撮影。

 

 

あとで写真を見て気づきましたが、お施主さんも参加してくれてました。笑