カテゴリー別アーカイブ: 新築物件

新築ひょっこりはん

毎度ですが、プランを考えるのにかなりの労力を要します。

 

 

1日考え込んで答えに近づいてる実感が全くなく気持ちが落ちそうになることもあります。

 

ひょっこりはんというのが流行っているようですが、ひょっこりとプラン出てきてほしいものです。

 

はいっ!ひょっこりはん!

 

 

こんなことしてる間にもっと考えろってことですよ。

 

わざわざ絵を描いて、写真撮ってブログアップする間があったらってことですよね。

 

でもこのリラックスがいいわけで。

 

そしてこの後、無事にプランの基本方針が見えたのでした。

 

 

 

 

 


布の壁

高槻市の住宅でリビングの壁を布で構成しました。

 

収納と壁掛けTVを備えた壁を建具で覆うのではなく、布で覆うことで、優しさを空間に与えてくれます。

 

4枚の大きな布をフラットカーテン状に仕上げました。

 

高さが2.7mもあり、縫いつけもなかなか難易度の高いものでした。

 

嫁さんに多くを手伝ってもらい、なんとか仕上がりました。

 

今回初めてまともにミシンを使いましたが、怖い!ミシン怖い!

 

真っ直ぐに縫うことがこれほど難しいとは。。。

 

最後の一本だけ縫わしてもらいましたが、久々に緊張しました。

 

 

間違えば糸を抜いてもう一度縫えばいいと、心で言い聞かすのですが、体は強張る。

 

4段階の一番遅いスピードに設定して縫いましたが、こんなん一番早いスピードとかいけるん?って思いました。

 

何はともあれ、なんとか布の壁が実現しました。

 

 

窓を開けて風が入ってくると、布がなびいて、なんとも言えないやさしさ。

 

素材が空間の質を左右する分かりやすい事例です。

 

 

 


「福咲きの家」上棟

「福咲きの家」が上棟しました。

 

永くお付き合いさせていただいている、お施主さんの別荘のようなお家です。

 

半円形の屋根と曲面の壁に包まれる、やさしい空間が生まれました。

 

旧家の古い梁を使用することで、空間に重みと落ち着きも生まれました。

 

 

この別荘は、お施主様ご一族が集うお家ということで、この空間でいろんな思いと楽しみが詰まるようにと、福崎町に建つ「福咲きの家」と名づけました。

 

うまいっ!ハイセンスなネーミング!

 

少し組み方が複雑な構造でしたので、無事に上棟できてほっとしています。

 

木材を加工してくださったプレカット業者さん、綺麗に組み上げてくださった大工さん、感謝します。

 

皆一丸となって仕上げていきたいと思っています。

 

お施主様おめでとうございました!

 

 

 

 

 


肉そば麺達

加古川で工事中の「肉そば麺達」。

 

アーケードに面して看板も完成し、お店らしくなってきました。

 

特製提灯も届き、ファサードに表情がでてきます。

 

内部のカウンター壁のモルタルもいい表情です。

 

 

ノメーっとして、ソワーっとした手が吸い込まれんばかりの質感です。

 

建築で仕上げ名つけるとしたら、モルタル至極面仕上げみたいな感じです。

 

ラーメンを食べながら、是非触ってみてほしいですね。

 

オープンまであと少し、現場の皆様お疲れ様です。