カテゴリー別アーカイブ: 日記

若い頃に極暖ヒートテックがあったなら

今日は一日中住宅のプランをまとめていました。

 

途中に仲のいい工務店さんが事務所に寄ってくれて、最近寒くなったという流れから、ユニクロの極暖ヒートテックの話になりました。

 

私も愛用していますが、従来のヒートテックよりやや厚めで内側の生地が起毛になってさらに保温効果が高くなっています。

 

若い頃、私も設計ではなく工事側の人間だったので、冬の外の現場仕事は体にこたえました。

 

昔からこんな素晴らしいものがあったらよかったのにと、少しばかり昔話に花が咲きました。

 

20歳から25歳まで、山の上に建つ送電線鉄塔工事に携わっていましたので、冬の寒さについては特に気をつけなくてはなりませんでした。

 

日々山を登り、更に100Mほどの鉄塔に登ります。

 

塔上は吹きさらしの状況で、長いときは半日そこに居なくてはならないこともありました。

 

時には雪の白いカーテンが遠くから迫ってくるのが見えたりと、なんとも神秘的なシーンにも遭遇するのですが、手袋ごと凍るといったこともあったり、100M上空の足場に雪が積もって滑るといった恐ろしい思いもしました。

 

防寒着は着込めば着込むほど動き辛くなりますし、重くもなります。

 

だから体に負荷がかかって肩がこったりするわけです。

 

この当時に極暖ヒートテックがあったら確実に重宝していたでしょう。

 

振り返ると若いときによい経験をしたなと思います。

 

こんな特殊な経験はこの先もなかなかできるものではないでしょうし、何より辛いことは若いうちに買ってでもしておけば、その先のメンタルキャパシティが大きく膨らむと思います。

 

そしたら今なら尚、高性能な服着て登れるんじゃないかって?

 

それは無理でしょー。

 

だってしんどいもん(笑)

 

若い頃の写真が一枚だけ出てきました。

 

 

舞鶴ですね。

 

季節のよい時でしょうね。

 

全く思い出しませんね、この時の感情。

 

彼は何を笑ってるんでしょうか?

 

自分がまるで他人のようです(笑)

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 日記

投 稿 日 : 2018年1月11日

次男誕生

昨晩、第二子が誕生しました。
3210gの男の子。

 

あかちゃん

 

ほんとに元気に産まれてくれてよかった。

 

今回の出産も一人目と同様に立会いさせてもらいましたが、
出産のときに男は何もできないし、見守るか声をかけるくらい。
嫁さんへ改めて感謝するのでした。

 

2人の子育てになるので忙しくなるけど、今まで以上の楽しみがあると思うと、とても素晴らしい。

 

改めて父親として誇れる生き方をしようと思いました。

 

新しく家族になったあかちゃん共々、引き続きよろしくお願い致します。

 

 


カテゴリー : 日記

投 稿 日 : 2015年12月11日

グランデザイン一級建築士事務所移転

ご報告が遅くなりましたが、7/1に事務所を移転しました。
事務所の引越しや片付けと平行して豊岡市の現場出張もあり、
ようやく今日から椅子に座って事務所で業務できる状態となりました。
まだ、コピー機など揃っていないものもありますが・・・。

 

関係者の皆様へは、事務所移転の案内状も、もうしばらくで送りますので、
とりあえずネット上でのご報告でご勘弁ください。

 

移転先は、下記になります。
心機一転、よいものを造っていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

事務所移転画像

 

 

 

 

 


ジブリのような穏やかな朝

ゴミの日の朝は、息子と一緒にゴミを出しに行くのが習慣になっていて、
なんでも興味のある2歳の子供は、決まった場所へ行くのにいろんな寄り道をして、
すぐ近くにゴミを出すだけなのに、毎回15分くらいはかかります。

 

夜の帰りが遅い私にとっては、仕事前のそんな時間がとても大切なのです。

 

今日もいつものように寄り道が始まり、大人が並んで歩けないような細い路地へ入って行きました。
すると、その路地沿いのお家から、お婆さんが路地の先に出てきて、息子にやさしく挨拶してくれました。

 

息子にとって想定外な状況なので、駆け足も止まり路地の少し先にいるお婆さんをじっと見つめていました。
「お花いる?」「もしいるなら帰りもここ通ってね。」とお婆さんがやさしく話してくれました。

 

帰りもその路地を通って、お婆さんのお家の前で、「おはなちょーだい。」と息子が呼びかけ、
お婆さんが出きてくれました。

 

「何色がいい?赤?青?」
息子が「あかー。」と応えて、
お婆さんのお家とは路地を挟んで反対にある菜園、
その隅に咲くアジサイを3房いただきました。

 

SKMBT_C28415060821340_0001-2

< その時の息子のようす ジブリ風 >

 

SKMBT_C28415060821341_0001-2

< そしてその時の私の様子 ジブリ風 >

 

いつもと同じ朝に子供は変化を与えてくれます。
素晴らしい朝へと変えてくれます。

 

大きく衝撃的な事ではないけれど、こんな小さな何気ない幸せな出来事を
いつまでも大切にしてほしいし、大切にしたいと思いました。

 

IMG_8145

 

 

 


カテゴリー : 日記

投 稿 日 : 2015年6月8日