カテゴリー別アーカイブ: 芸術

新規プランと格闘、そして覚悟

今日は、京都での新築住宅のプランと格闘。

 

京都市は建築の規制が多く、自由になんでもというわけにはいきません。

 

どこの場所でもプランするときは、すごい考えるのですが、そういうときに勇気づけてくれるものが、いろいろあります。

 

その中のひとつが、漫画です。

 

現在、アニメ放送中の「ジョジョの奇妙な冒険~黄金の風~」です。

 

ジョジョの5部目の作品で、シリーズ中もっとも好きなところです。

 

イタリアが舞台で、ギャングスターになるために、組織と戦うという、少し変わった設定なのです。

 

作中に出てくる、メインキャラクターたちの6名の個性が、とてもうまく表現されていて、どのキャラクターもかっこいいのです。

 

彼らの振る舞いや行動、そして心に響く台詞は、漫画の領域を超えて、人生感に訴えてきます。

 

その中でも、今でも鳥肌がたつ言葉があります。

 

主人公のジョルノ・ジョバーナが、ヴェネチア近郊でのギアッチョ戦のときに、仲間のミスタに放った言葉です。

 

「覚悟とは!!暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事だッ!」

 

最近アニメで、このシーンは放映されたのですが、ほんと、シビレます!

 

それに触発されて、ジョジョ風に自画像を描きました。

 

 

渋いな~。

 

こんなん描く暇あったら、プラン考えろって、なりますよね。

 

でも、この時間がいいんです。

 

ひたすら机に向き合っても、解決しないものは解決しない。

 

こういう覚悟を決める時間が、必要なんです。

 

進むべき道を切り開く時は。笑

 

 

 

 


最近増えてきたロゴデザインのお仕事

建築設計業務の合間に、最近増えだしたロゴデザインのお仕事。

 

建築と違って一点集中なので、脳が急速に疲労します。

 

看板、WEB、名刺に至るまで、まさにお店の顔となるわけですから、一朝一夕で出来ることではありません。

 

とは言いながらも、考えたものがお店の顔になるというのは、すごいことです。

 

建築と同じく、そんなすごいことを任せていただけている気持ちに、応えねばなりません。

 

脳を疲労させながら、夜遅くまでスタッフも前のめりに一緒に考えてくれています。

 

きっと素晴らしい顔に仕上がるでしょう。

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 芸術

投 稿 日 : 2018年5月31日

音楽を聴きながらだと仕事がはかどるのか?

グランデザインでは、全員デュアルモニター(2画面)のパソコンで仕事しています。

 

作業の効率化のためというのは当然ですが、片方の画面で動画や映画などを自由に観てよいことにしています。

 

片方だけです。

 

一日中、画面と向き合って作図するというのは、心身ともにかなり消耗します。

 

少しでも気持ちを上げるようにと、少しでもリラックスできるようにという考えです。

 

私の場合は、音楽を聴きながらだと建築プランがとてもはかどります。

 

今日もマイケルに助けられました。

 

マイケルは仕事中によく聴いていますが、「ビリー・ジーン」はかなり気持ちが上がりますね。

 

マイケルのパフォーマンスがエグい。

 

おかげさまでプランも終わり、衝動にかられてお絵描き。

 

この副作用がキツイ!

 

描きたいと思ったら、描かないと気がすみません。

 

 

仕事せーよ!ですね。。。

 

はたして仕事がはかどるのかどうか?

 

結局、はかどらないという答え。

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 芸術

投 稿 日 : 2018年5月2日

芸妓は~ん!

京都の花街は、やはりなんとも言えない魅力があります。

 

しかしながら、京都で学生のときも、勤めているときも、お仕事で出入りさせてもらっている現在も、花街のお座敷遊びとは縁遠く感じます。

 

一度くらいは、舞妓さん、芸妓さんにお酒を注いでもらいたい、そう思っている人は少なくないのではないでしょうか。

 

言葉、所作、装い、そしてそれらを守り続けている文化、浮世離れした世界観に強く魅了されます。

 

歌、踊り、座敷のしつらえ、お食事、おもてなし、全てが融合した総合芸術だと思います。

 

そんなわけで、京都駅で開催されている、舞妓さん芸妓さんの写真展に行ってきました。

 

 

美しいのですが、写真では物足りない。。。

 

満足するには、その世界に足を踏み入れるしかないでしょう。

 

分かっているのですが、まだまだ遠い遠い世界です。

 

少しでも近く感じるように、芸妓さんの絵を描いてみました。

 

表現したいのは、透き通るような白。

 

黒地の画用紙に白を被せることで芸妓さんの魅力を浮き上がらせてみることにしました。

 

不思議なことに、絵を描いているというより、化粧をしているという感覚になります。

 

その白にパステルの淡い紅色をのせると、美しさが際立っていくのが分かります。

 

あ~美しい。

 

芸妓は~ん!

 

決して変態ではありませんよ。

 

今の私はこないして世界観に浸るしかないのどす。

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 芸術

投 稿 日 : 2018年4月19日