カテゴリー別アーカイブ: 趣味

カブトムシと時間

先日、カブトムシ20匹すべてが無事羽化しました。
まだ羽化して間もないので、外に出てこず土の中でゆっくり過ごしています。

 

カブトムシとの付き合いも長いのですが、約1年で命をまっとうするのを見ていると、とても短い生涯だなと思います。
ですが、そう思うのは人間をベースに考えるからであって、カブトムシ自身は短いとか考えてないでしょう。

 

カブトムシと人間の時間の感じ方は同じとは言えないのです。

 

生物ごとに寿命が違うというのも不思議です。

 

寿命は同じだけど、時間の感じ方が違うということも考えられます。

 

もしすべての生物と呼ばれるものの寿命が同じだとしたら、
カブトムシの平均寿命1年=日本人男性の平均寿命80歳
となります。

 

では、カブトムシを人間の時間軸に合わせると、卵から羽化までが約8ヶ月なので、現在のカブトムシの年齢は、80歳x8ヶ月/12ヶ月=53歳です。

 

私よりすでに先輩です。

 

カブトムシの時間は我々人間の約80倍のスピードで流れているということを、否定することはできません。

 

その速度の中で彼らが感じてることを我々は感じることができません。
彼らからすると、我々の手が数ヶ月かけて徐々に近づいてきて、数ヶ月かけて角をつままれて持ち上げられる。
彼らからすると、どういう状況か理解できていないのだろうと思う。

 

我々も自らの意思で行なってると思ってることが、もっと大きな何かに操られているだけかもしれない。
我々はその存在を理解することはできないのだろうと思う。

 

久々にスケッチをしながら、カブトムシを注視していると、もっと頑張らねばと思うのでした。

 

IMG_2873

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 趣味

投 稿 日 : 2017年6月29日

ビートルズ=リボルバー=

ほんとに久々にビートルズを聴きました。

 

工務店の人に熱くビートルズを語ってもらい、ちょっと聴いてみようとアルバムを購入しました。

 

img_0884

 

ビートルズの曲は当然聴いたことはありますし、カラオケで歌ったこともあります。

 

でも、真面目に聴いたのはこれが初めてです。

 

音楽を学ぶと同時に、その時代背景や歴史を学ぶこともおもしろいです。
そしてその上でその時代に、この音楽を生み出し、世の中が熱狂したという価値を問うと更に音楽というものの偉大さを感じるのです。

 

音は映像を生み出します。
音楽から情景が広がります。

 

このビートルズの音楽からも情景が大きく広がります。

 

この反対が私の求める建築です。
その空間に佇めば音楽が流れる
「音楽の流れる空間」
物理的な音ではなく、脳の中に流れる音楽。

 

音楽から得るものは多大であります。

 

「Tomorrow Never Knows」

 

このアルバムの最後の曲です。
この歌詞の意味はとても秀逸で奥深い。
若くしてこの歌詞を書けたことに何より敬意を感じる。

 

時代も流れて、音楽も流れ続ける。
建築もそうあることを考え続けたいと思う。
この歌のように身をまかせて
できるだけそれが自然であるように。

 

 

 

 


カテゴリー : pickup | 趣味

投 稿 日 : 2016年11月21日

キン消しアシュラマンの実力

たまに実家に帰ると、
「これいつまで置いとくの。」とか「いい加減に荷物整理してよ。」
と子供のころのおもちゃや漫画などが話題に上がる。

 

昨日も実家に行き、ふとキン消しのことが気になったので、
渋る母にキン消しを出してもらいました。

 

その中で、個人的に売れるんじゃないかと思うものを何点か選び、
持って帰りました。

 

そして、ネットでキン消しの買取価格を調べていると、
なかなかな金額で売れることが分かりました。

 

私は持っていませんでしたが、中には1体で100万円を超える高額なものまでありました。

 

当時ガチャガチャでカプセルに2体入りで100円でしたので、
1体50円です。

 

それが、30年ちょっとで20000倍にも価値が上がるというのに驚きです。

 

金でもなくただのゴムが100万円越えには驚きです。
キン消しじゃなく、金消しですよ。

 

さぁ、私の一押しは、
アシュラマンのクリア版キン消し(首が回る)

 

IMG_0155

 

これは王位争奪戦の時のアシュラマンです。
必殺技の阿修羅バスターの唯一の弱点である首のフックを固め、改良阿修羅バスターをも超える必殺技とするための特殊な肩あてが装着されています。
この肩あてから棒が2本突き出てきて首をフックするのです。

 

この肩あては膝に装着すると阿修羅稲綱落しでもフックするために使います。

 

当時、子供ながら道具使ってもてるやんと蔑んでました。
しかし、さすが魔界のプリンス、現在昔のキン肉マンの続編として刊行されている中で登場するアシュラマンは、肩あてなしで、自らの骨を変形させてこのフックを生み出すことが出来るようになっています。

 

このアシュラマン、
気になるネット上でのお値段は、
高いところで4000円ほどでした。

 

おぉー80倍の価値になってました。

 

他のものも、2倍から20倍くらいには上がっています。

 

恐るべきキン肉マン!
恐るべきゆでたまご先生!

 

 


カテゴリー : 趣味

投 稿 日 : 2016年7月20日

モトコーで衝動買いからの30年ごしの衝撃

今日はお昼からJR神戸駅近くで飲食店の設計打ち合わせをした後、元町の事務所まで歩いて帰ることにしました。
だいたい歩いて30分弱の道のりですが、久々にモトコー(元町高架下)を通りました。

 

学生の頃よく訪れたのですが、ほんとに久しく歩いてませんでした。
三宮~元町までの高架下はたまに通るのですが、元町~神戸まではなかなか機会がありませんでした。

 

久々に通ると昔と比べてシャッターが多くて、全く活気はありません。
昔から元町~神戸は活気に満ち溢れているという感じではなかったのですが、
さらに静かな感じで寂しく思いました。

 

そんな静かな高架下を歩いていると、ふと中古玩具屋さんのショーケースに目を引かれました。
そこに一際存在感のある人形がこちらを見ています。

 

マリオです。
うちの子が大好きなマリオでした。
身長は約20cmくらいで、見た感じキレイで、お値段もお手ごろだったので、
子供のために衝動買いしてしまいました。

 

事務所に戻って、インターネットでこの人形について調べると、
購入価格の5倍ほどの値段でオークションに出されてるじゃないですか!

 

このままオークション出して売れたら単純に儲かるやんと思いながらも、
子供が喜ぶ姿を想像すると、この程度の儲けじゃ売れんなと思い、マリオをキレイに磨きました。

 

すると、スタッフのホトちゃんが、「マリオのファミリーネーム知ってます?」と聞いてきました。
当然知らないので、ホトちゃんに聞いてみると、
「マリオっていうんです。」となんか自慢げに言ってきました。
※3日ほど前に任天堂公式で発表されたそうです。

 

兄は、マリオ・マリオ、
弟は、ルイージ・マリオ

 

ほんまや、「マリオブラザーズ」やもんね。
ファーストネームでマリオブラザーズはおかしいもんね。
いままで全く疑問に思ってませんでした。
30年ごしの衝撃!

 

マリオ・マリオ。。。意外としっくりくるね。
さすが任天堂!

 

IMG_8602

 

 

 


カテゴリー : 趣味

投 稿 日 : 2015年9月16日