カテゴリー別アーカイブ: 未分類

最近ブログ更新してないですね。と指摘を受けて。。。

住宅の建築終盤のお施主さんと、事務所近くで昼食をご一緒して、
家具はどのようなものが良いのかなど話をさせていただきました。

 

その話の中で「最近ブログ更新してないですね。」とご指摘を受けました。
自分でもブログを更新しないとと思いながら、事務所の移転依頼、
忙しくなかなか文章を書く時間がありませんでした。

 

このネタでブログを書こうとか、普段ちょっとした時に考えているんですが、
結局、一日の終わりに疲れ果てて、さぁもう一息ブログをという気持ちが沸いてきません。

 

ですが、ブログをチェックしてくれている方に、指摘されると書かないわけにはいかないですね。
読んでくださっている方がいるということは、とてもありがたいことです。

 

今日は一日事務所でデスクワークの日でしたが、新しいプランのパーススケッチと別件の構造計算に追われ、気がつくともう日がまわりそうな時間です。

 

ちゃんと仕事してますよ!という写真を載せておきます。
スタッフのホトちゃんに、画面越しに隠し撮りのように撮ってくれという写真です。

 

IMG_8420

 

真面目に仕事しているように見えます。
修羅場をくぐり抜けてきた男の顔に見えます。
それでいて、深い愛情を秘めているような。

 

またブログ更新しますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 


カテゴリー : 未分類

投 稿 日 : 2015年8月10日

グランデザイン一級建築士事務所移転

ご報告が遅くなりましたが、7/1に事務所を移転しました。
事務所の引越しや片付けと平行して豊岡市の現場出張もあり、
ようやく今日から椅子に座って事務所で業務できる状態となりました。
まだ、コピー機など揃っていないものもありますが・・・。

 

関係者の皆様へは、事務所移転の案内状も、もうしばらくで送りますので、
とりあえずネット上でのご報告でご勘弁ください。

 

移転先は、下記になります。
心機一転、よいものを造っていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

事務所移転画像

 

 

 

 

 


サンルームイメージスケッチ

サンルームの設計依頼がありました。

 

サンルーム単体の依頼は初めてで、いろいろと考えさえられました。

 

設置するスペースにも限りがありますし、
何よりサンルームとはということについて試行錯誤を重ねました。

 

道路に面した場所なので、中が丸見えというのも空間として落ち着かないし、
でも日の光は確保しなくてはいけないし。

 

既存建物の正面でその敷地の顔となる場所なので、
ただのサンルームというのも忍びない。

 

ようやくこのデザインに至りました。

 

sunparlor

 

バラバラに配置された窓からは、額縁の中の絵のように切り取られた植栽が見え
外部からの視線を遮る壁となる部分は土でテキスタイルを表現します。
そして、その中に入ると構造物で囲まれているという感覚を極力排除できればと考えています。

 

サンルームという小さな建物の設計ですが、そこにある条件要素を最大限に生かしたり
取り込んだり、住宅や店舗の設計とはまた違った感覚を持って取り組まないといけないことが
わかりました。

 

最終案にたどり着くまで、5回ほど考え直しました。
毎度のことですが、イメージの整理がつかない、まとまらない時ほど苦しいことはありません。
かと言って、あまりゆっくり考える時間がないのですが、当然納得のいかないもの、
自分自身が建てたいと思わないものは提案できません。

 

これでようやくプレゼンテーションの準備が進められそうです。
どういう感じで受け止めていただけるか不安と楽しみでいっぱいです。

 

 

 


カテゴリー : 未分類

投 稿 日 : 2015年4月28日

まだまだ若いもんには負けん!久々の模型作成作業

今週末にとある物件のプレゼンテーションがあるので、なんとか模型を間に合わさなければなりません。
予定していたアルバイトの人が急遽来れなくなり、
他の業務でいっぱいいっぱいの
ホトちゃんだけではとても間に合いそうにないので、
久々に私も模型製作のお手伝いをさせていただきました。

 

昔はよく自分で建築模型を作りましたが、最近は時間がなく
スタッフや手馴れたアルバイトの人にお願いしていました。

 

最近の私はといえば、作ってくれた模型の出来栄えを見て、
ここもうちょっと何とかならんの?
などと偉そうに、文句を付けていました。。。

実に嫌な奴です。

 

 

今回は、2階建ての住宅の模型です。
2階建ての建物の模型で精神力を削られる
部分のひとつとして階段があります。

 

「よし!本当の階段というもの見せてやろう!」
とホトちゃんに啖呵を切りました。

 

全てのパーツの縮尺を合わせた精巧な模型ではない場合、
スチレンボードというものを切って組み立てます。
扱うボードの厚みによって実寸との誤差調整をしなくてはなりません。

 

まずはその作業を、私の精密な計算により迅速に処理します。
次は、その割り出した寸法の通りに
私の精密な動きによりボードを切ります。
そして最後は、切り出したパーツの組み立てです。
これも私の精密かつ繊細な手捌きで遂行します。

 

ようやく完成!
この階段を既に作り終えている建物の中に組み込みます。

 

IMG_7549

 

IMG_7553

 

ホトちゃんが言いました。
「その階段寸法合わなかったらどうします?」
いたずらな笑みを浮かべて挑発的な奴です。

 

私は憎たらしいホトちゃんにはっきり言いました。
「この階段が納まらんかったら、階段以外の全てを壊して階段に合わせる。」と。
これが男の覚悟です。格好いい。

 

さあ階段を建物内に納めます。。。
見事に寸分違わず納まりました。

 

それを目の当たりにした、憎たらしいホトちゃんは言いました。
「恐れ入りました。。。」

 

まだまだ若いもんには負けん!
清清しく模型製作作業を終えました。

 

しかし、他の仕事が。。。
でも久しぶりに楽しかったです。