日別アーカイブ: 2018年4月18日

もっとも大切なものはプライスレス

高槻市の現場も順調に進んでいます。

 

 

現場が始まってからも、設計図よりも更に良くなるように細かなところも考えますが、そんな時に何より嬉しいのは、工務店さんと職人さんも同じく更に良くしようという心意気です。

 

心意気だけは設計図には表せません。

 

図面上に「心意気で良い建築を目指すこと」と記せばよいのだろうか。

 

図面に書いたら、「心意気 ¥5,000,000-」なんて、こんなことになったら大変です。

 

今回「心意気」は減額しましょう。。。何よりも辛い減額。。。

 

そもそもお金でやることじゃないですけどね。

 

建築には、プライスレスなことが最っとも大切だったりして、それは高価な素材なんかより必要なものです。

 

建築は工学の分野に属していますが、単純なる工学ではなく、人が包まれる以上、心理的な分野も含まれた芸術工学であると考えています。

 

芸術といっても相対的芸術です。

 

絶対的ではいけません。

 

そして相対的であるからこそ、悩むのです。

 

「心意気」は建築に不可欠なものなのです。

 

工事関係者の心ある仕事に感謝。